• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2017年8月31日

アライ・リステム、機密データ記憶媒体 破砕サービス好調

アライ・リステム、機密データ記憶媒体 破砕サービス好調

関東地区大手スクラップディーラー、アライ・リステム(本社=神奈川県小田原市、新井宏信社長)は、個人情報など機密データを保存しているパソコンのハードディスク(HD)やUSBメモリ(USB)などを破砕処分するサービスが好調だ。



2005年4月に個人情報保護法が施行され、16年1月にはマイナンバー制度がスタート。一方、近年ではサイバー犯罪や情報漏えい事件が多発していることから、自治体や税務署、銀行などで個人情報の取り扱いに対する意識が高まり、データを保存する記憶媒体の管理がより一層徹底されている。

需要家が記憶媒体を処分する場合は専門会社に依頼し、老朽化したパソコンに内蔵されるHDや、不要になったUSB、光磁気ディスク(MO)など記憶媒体の保存データのみを消去するケースと、データを消去した上で記憶媒体を破壊するケースがある。ただ、データの消去は確認が難しく、また処分する前にデータが漏洩し、記憶媒体が盗難に遭う危険性も高い。このため、不要になった記憶媒体を安全に処分するニーズが高まっていた。

これを受けて、アライ・リステムは山北工場(神奈川県足柄上郡山北町)に設置する複合材分離分別機を活用し、HDの物理破砕サービス「ファイナルゼロ」を13年から提供している。同サービスは専用の鉄釜の中にHDを投入し、高速回転させることでHD同士がぶつかり、また釜の内面に当てることでHDをチップ状に破砕。チップ状のHDはふるいにかけ、磁気選別されて、金属とプラスチックに分別処分する。最終的に5センチ以下の状態になり、磁気選別工程で磁気を浴びせることで、HDの穴明けなど従来方法に比べて再利用を防止し、データ解読不可状態で安全かつ適正に処分できるのがメリット。HD10個、MO10枚当たり45秒程度で破砕が完了。1日当たりの処理能力はパソコン約600台分。バッテリーを外した携帯電話などの処分も可能だ。

アライ・リステムは基盤破砕を含めて、衝撃破砕サービスで12年の実績を有する。産業廃棄物処分業(中間処理)、産業廃棄物収集運搬業の許可を取得しており、需要家からの引き取りから処分まで一貫で対応できる。

処分料金はHD1個当たり1500円からで、別途料金で破砕証明書(写真付き、写真なし)を作成するほか、需要家からの持ち込みだけでなく、強固なセキュリティー環境での引き取り対応も行う。オプションメニューも豊富にそろえている。

新井社長は「需要家から問い合わせがあって対応してきたが、引き合い、受注が着実に伸びている。当社は創業80年を超えるが、変化に応じてニーズを捕捉し、プラスアルファのサービスを提供していく」と語った。

物理破砕サービス「ファイナルゼロ」の問い合わせ先は、アライ・リステム(TEL0465―21―2500)まで。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/11/20
H2新断プレス
33500円 (200)36000円 (200)
295.96ドル (3.78)318.05ドル (3.93)

 換算レート (TTS) 113.19円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/11/20調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6000060000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7800078000
鉄スクラップ
H22400021500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 781 776 779 774
電気亜鉛 407 401 407 401
電気鉛 334 331 334 331
アルミ二次地金 99% 222 217 222 217

非鉄金属市場価格へ