• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2014年11月7日

零戦、米から里帰り~飛行可能機で戦後初~

零戦、米から里帰り~飛行可能機で戦後初~
里帰りした零戦

零戦、21―24日、さいたまアリーナで一般公開
設計者・堀越二郎の思いを胸に――宮崎駿監督の映画「風立ちぬ」で脚光を浴びた零式艦上戦闘機(零戦)の飛行可能な機体が、戦後初めて帰還し5日、神奈川県内で報道関係者に公開された。現存する5機のうちで唯一、日本人が所有する機体。米ゼロエンタープライズ(石塚政秀CEO)の日本法人が「零戦里帰りプロジェクト」として行った。11月21日から24日まで「さいたまスーパーアリーナ」で一般公開する。

戦後、飛行可能な零戦として本邦初公開となった機体は73年頃、パプアニューギニアにあったものを米国が没収。博物館などに展示されていた。米国からエンジン、主要操縦席、機体尾翼の3つに分解し、コンテナ輸送を経て9月4日、横浜港に入港した。

胴体部分は超々ジュラルミン(アルミ合金)で設計され、三菱重工業が開発。中島飛行機でもライセンス生産された。当時の生産機は「約1万800機あった」(主催者のゼロエンタープライズ・ジャパン)といい「現存する飛行可能な5機のうちの1機」という。

ゼロエンターでは「来年で戦後70年。飛行制限やパイロット養成など多くの課題はあるが、ぜひ、日本人操縦による日本の空での飛行を実現したい」と話している。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/08
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.73ドル (0.76)237.87ドル (0.85)

 換算レート (TTS) 114.77円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/08調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ