• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2015年1月26日

日本精線、ステンレス鋼線が織り成すアート作品 本社フロア内に展示

 「素材が技術を生み、技術がイメージを喚起する。そのイメージが更なる技術を生み…」。ステンレス鋼線国内最大手、日本精線の本社(大阪市中央区)フロア内に、テキスタイル・アート作家の熊井恭子氏による同社のステンレス鋼線(細線)を素材に使用した作品2点が展示されている。

熊井恭子氏作品・日本精線1501C1 (2)  社長室横のスペースを利用して展示されているのは、作品名「せんまんなゆた」(サイズ=135×226×20センチ)。線径0・25ミリのステンレスばね線(硬質仕上げ)を使用し、縫い上げる技法で作製されている。「ステンレス線を針に通して縫うと、そのバネ力が生かされて、自由な局面を持つ立体を作り出すことができる。この発見により生まれた形もサイズもさまざまな球体を集合させた作品。物事が果てしなく続くさま、わき出ずる胆力、魂の旅をいざなう装置…であり得たならばと思う」(熊井さん)。

熊井恭子氏作品・日本精線1501C2 (2)  営業部門のフロアスペースに展示されているのは作品名「ドレープ」(サイズ=130×200×25センチ)。線径0・20ミリのステンレス細線を縦糸はばね線(硬質仕上げ)、横糸はなまし線(軟質仕上げ)を使用し、バスケット織りで作製。「ステンレス細線を手織物、特にバスケット織りを採用することでスムーズな曲面の表現が可能になった。布の魅力の一つであるドレープを表現しており、金属素材の特徴である光の反射がイリュージョンの世界を醸し出している」(同)。

 ステンレス鋼線は、ばね材やねじ材などとして主に産業分野で使用されているが、アートの分野で素材となることはまれなこと。熊井さんは東京芸大を卒業後、繊維による造形を開始し、70年代半ばからステンレス細線を使い始め、独自の観点からさまざまな形状の作品を発表。国内外で数多くの展示会に出展している。現在、長岡造形大学名誉教授。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/07
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.97ドル (-1.11)237.02ドル (-1.24)

 換算レート (TTS) 115.18円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/07調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 698 693 696 691
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ