• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2015年11月17日

東邦チタニウム、サウジアラビア研修生第2陣を歓迎「新工場の要に」

東邦チタニウム、サウジアラビア研修生第2陣を歓迎「新工場の要に」

 東邦チタニウムは13日、北九州市内のホテルでサウジアラビア人研修生の第2陣歓迎パーティーを開催した=写真。同社とサウジのタスニー社およびクリスタル社は同国内でのスポンジチタン製造に向けて昨年12月に合弁事業契約を締結。今年5月から同国ヤンブー工業団地で建設を進めている工場は東邦チタニウム若松工場をモデルとしており、人材育成のため同工場に研修生を受け入れている。

 第1陣の研修生23人は4月スタート。今回の研修生は45人で先月19日から研修を開始。ともに2017年4月まで若松工場で生産工程技術や技能、日本式職業倫理を含むモノづくりの精神などを学ぶ。当日は研修生のほか、東邦チタニウムの加賀美和夫社長をはじめとした関係者やタスニー社の関係者、経済産業省や北九州市など行政の関係者ら約150人が参加した。

 加賀美社長は「工場は2年後の17年5月の完成を予定しているが、完成後のスムーズな生産開始の最重要ポイントとなるのは工場を中心で動かす研修生皆さんの活躍だ。サウジアラビア国営テレビをはじめメディアの取材を受けるなど、合弁事業に対する国民の関心や研修生への期待は高い。若松工場で個々の技術・技能をはじめチームワークやモノづくりの心構えについて学んで欲しい」と激励。

 クリスタル社創業者のDrタラール・アルシャイヤ・タスニー社副会長は「工場建設ではスタッフの安全への熱心さから無事故・無災害が累計で50万時間を達成した。スポンジチタンの製造や製錬方法を取得しようとする熱心さに感動するとともに、仕事に貢献する魂と日本のマナー習得などをうれしく思う。日本での時間を有効に活用し、モノづくりの精神を学び合弁会社と皆さんの夢を実現し、豊かな文化を楽しんでほしい」と述べた。

 続いてムトラック・アルモリッシュド・タスニー社CEOは「東邦チタニウムとはスポンジチタン以外でも手を組むなど新たなビジネスを展開していきたい」と抱負を語った上で研修生に対して、「日本での時間を有効活用し、努力して日本のモノづくりの精神を覚え、安全に最善の注意を払いながら研修プロクラムを進めてほしい」とエールを送った。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/06/22
H2新断プレス
25000円 (―)27500円 (―)
222.94ドル (0.48)245.23ドル (0.52)

 換算レート (TTS) 112.14円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/06/22調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5600055000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7400073000
鉄スクラップ
H21650013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 659 654 657 652
電気亜鉛 319 313 319 313
電気鉛 285 282 285 282
アルミ二次地金 99% 217 212 217 212

非鉄金属市場価格へ