- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

宝山鋼鉄、鋼板1月販価下げ

 【上海支局】中国の宝山鋼鉄は10日、鋼板類の1月積み販売価格を下げると発表した。2カ月連続の下げ。熱延コイルの下げ幅はトン300元(約4900円)で2カ月合計500元。鋼板市況が下がり続けているため。景気の減速や米国との貿易摩擦の影響から自動車や家電の生産が減少。2月の旧正月連休を控えて需要が停滞する見込みから販価の調整を続ける。  酸洗と冷延、アルミ亜鉛合金めっき鋼板を200元下げ、溶融亜鉛めっき鋼板と電気亜鉛めっき鋼板、厚板を300元下げた。ステンレス厚板は500元の下げ。電磁鋼板は無方向性を300元下げたが、方向性は300上げた。カラー鋼板(1―2月分)は据え置いた。