- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

中国鋼材輸出 19年6%超減6500万トン 過去5年で最低見通し 

中国の2019年の鋼材輸出量は約6500万トンと前年から6%以上減り、過去5年の最低となる見通しだ。堅調な国内需要が続き、鋼材価格が国際水準より高位を維持しているため。環境規制による鉄鋼操業制限も効き、11月の輸出は8カ月連続で前年同月を下回り、2カ月連続で500万トンを割り込んだ。一方で高値を保つ中国市場を狙い、秋に輸入が増加。鋼材の輸出大国でありながら国際的景気不安の中で市場としての魅力を高めつつある。