- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

中国、鉄鉱石輸入価格が急騰 7年9カ月ぶり150ドル超

【上海支局】中国の鉄鉱石の輸入価格は7年9カ月ぶりにトン150ドル(約1万6000円)を超えた。中国の鉄鋼生産が高い水準を保つ上に他の国の鉄鋼生産も新型コロナウイルス感染拡大による急減から持ち直し、原料需要が増えている。一方でブラジルの鉄鉱石の供給量が伸び悩む観測もあり、投機筋が買いに動いている。鋼材市況が上がる中、中国鉄鋼企業が先高とみて原料在庫を積み増しており、価格上昇の循環を生んでいるようだ。