- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

中国 鉄鉱石輸入価格、9年ぶり高値 160ドル超

 中国の鉄鉱石の輸入価格が先週末に9年ぶりにトン160ドル(約1万7000円)を超えた。中国の旺盛な鉄鋼生産と南米の鉄鉱石供給不安から投機が過熱し、スポット相場を押し上げている。鋼材市況に波及し、上海地区で熱延コイルが1カ月でトン370元(約6000円)元上がり、9年ぶりの高値をつけた。2021年も政府の経済対策から高位の鉄鋼需要が続くとみられ、原料・鋼材とも価格はなお上値をうかがう展開だ。