- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

中国20年、鋼材輸出量5年連続減

【上海支局】中国の2020年の鋼材輸出量は5367万1000トンと前年比16・5%減り、5年連続減少した。12年以降、過去8年の最低。政府の景気対策を受けて内需が拡大し、鋼材市況が上昇したため、鉄鋼企業が採算性の高い国内販売を優先した。新型コロナウイルス禍で需要が低迷した海外から割高な中国に鋼材が流れ込み、輸入は2023万3000トンと同64・4%増え、06年以降の最高となった。年後半に輸出が増え輸入が減っており、21年は海外市場の回復とともに高輸出・低輸入の傾向に転じそうだ。