- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

JX金属、大型事業を相次ぎ稼働 利益1000億円超へ

JX日鉱日石金属は資源事業と電材加工事業の大型プロジェクトを順次立ち上げる。資源ではチリのカセロネス銅鉱山が今月稼働する。SX―EW(溶媒抽出電解採取)法による電気銅の商業生産を開始。秋以降には銅精鉱の生産も始まり自山鉱比率は現在の20%から50%に引き上げられる。電材加工は2月に掛川工場(静岡県)が稼働し精密部材の一貫生産体制が整う。既存事業の収益底上げとこうした新規プロジェクトの戦力化で、1000億円超の利益を目指す。