- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

昭和電線、光ファイバー輸出体制 東南ア向け

昭和電線ホールディングスは、光ファイバーの輸出に乗り出す。生産拠点の仙台事業所(宮城県柴田郡)で現在進行中のライン効率化・能力増強は、2013年4―9月期中に完了予定。コスト競争力を高め、民需向けや輸出向けの拡販する。輸出では、通信インフラ整備需要の伸びが見込まれる、東南アジアに照準を合わせる。背景には国内公共インフラ向けの需要低迷がある。