- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

製錬8社下期生産 銅、上期比3%増77万トン

国内製錬大手8社の2013年10月―14年3月期地金生産計画が4日出そろい、銅は6社合計で前年同期比1・3%増、前期見込み比3%増の77万13トンとなった。最大手のパンパシフィック・カッパー(PPC)が需要拡大への対応で増産し、総量を押し上げる。亜鉛は国内需要が堅調ながら、複数製錬所の定修で前年同期比3・9%減の28万508トンにとどまる。鉛は同0・9%減の9万6387トン。