- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

PPC、銅割増金45%高

国内産銅最大手のパンパシフィック・カッパー(PPC)が9月下旬から進めてきた、銅地金の2014年積み対アジア長期契約プレミアム交渉は、前年比45%高のトン123ドル(CIF)でおおむね妥結した。域内需給のタイト感を映し、大幅アップとなった。契約数量はほぼ前年並みになりそうだ。一方、11月から本格化する14―15年積み銅買鉱交渉では、TC(熔錬費)トン90ドル/RC(精錬費)ポンド9セントを、最低目標ラインに置く。