- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

銅建値が80万円割れ78万円 亜鉛は29万5000円

JX日鉱日石金属は17日、12月積み銅建値をトン4万円引き下げ78万円に改定したと発表した。原油価格の続落に中国経済指標の悪化、ロシア通貨急落など世界景気の懸念材料が加わり、海外銅相場も大幅安。一方で円相場はここにきて強含んでいることも銅地金の輸入採算値を一段と押し下げ、10月末以来の80万円割れとなった。月内推定平均は80万5200円。

三井金属は17日、12月積み亜鉛建値をトン9000円引き下げ29万5000円に改定したと発表した。30万円割れは10月末以来となる。指標となるLME亜鉛価格が下落し、為替の円高ドル安も進んだことを反映した。月内推定平均は30万4600円。