- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

10月積み建値 銅77万円、鉛34万3000円、亜鉛40万9000円

 JX金属は2日、10月積み銅建値をトン1万円引き上げ77万円に改定したと発表した。海外銅相場が反発し、為替相場も円安ドル高方向に振れたことで銅地金の輸入採算値が切り上がった。

三菱マテリアルは3日、10月積み鉛建値をトン6000円引き上げ34万3000円に改定したと発表した。海外鉛相場が月末にかけ一段高となったことを反映し、年初来高値を更新。2008年4月以来9年半ぶりの高値となった。

三井金属は2日、10月積み亜鉛建値をトン40万9000円で据え置いたと発表した。現地29日のLME亜鉛現物セツルメントは3217ドルと年初来高値を更新。前回建値改定時からは47ドル上昇した。TTSは1ドル=113・78円で、0・25円の円安ドル高。