- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

地金生産1―6月 電気銅、初の80万トン乗せ 亜鉛・電気鉛も増加

 経済産業省がこのほど発表した生産動態統計(確報)によると、2018年1―6月期は電気銅の国内生産量が暦年半期で80万トンを超えた。遅くとも02年上期以降で初。銅製錬各所は買鉱製錬のマージン低下を補うべく生産効率を高め続けており、大手を中心に安定高操業の状態が統計上に表れた。亜鉛は八戸製錬(青森県)の大定修があった前年同期から反動増。電気鉛はスクラップ出の生産量が増えた。