- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

古河電工、耐熱無酸素銅の量産開始

 古河電気工業は20日、耐熱性に優れた無酸素銅条「GOFC」の増産体制を整えたと発表した。自動車用パワー半導体の基板向けで採用が決まり、夏前から量産を開始した。ユーザーが製品加工する時に高温処理しても通常の無酸素銅(OFC)のように結晶粒が肥大化せず、表面の反射が抑えられるほか、はんだ濡れ性も良くなる。来年度までに月間20トン程度の販売を目指す。