- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

東洋製缶HD、4ー9月の飲料缶販売量5.3%減

 東洋製缶グループホールディングスの2018年4―9月の飲料缶販売数量は前年同期比5・3%減の1億6200万ケースだった。缶換算では約43億7400万缶(産業新聞試算)となる。売上高は4・5%減の560億円。7日開催の決算説明会で同社が明らかにした。6月の大阪北部地震や7月の西日本豪雨で子会社の工場が被災してアルミ缶などの生産に影響が出たことや、ペットボトルコーヒー需要が伸長していることなどが背景にあるとみられる。