- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

東北大・住化 LiB負極劣化回避へ

 東北大学と住友化学は27日、リチウムイオン二次電池におけるアルミ負極の課題であった充放電時の体積膨張と縮小を、高純度アルミ箔を用いて制御できることを解明したと発表した。また従来の負極は炭素系材料と銅箔の積層構造にする必要があったが、アルミ負極は高純度アルミ箔のみで負極が成立する「一体型負極」であることもわかった。リチウムイオン電池(LiB)の大容量化や、製造工程の大幅な簡素化に貢献することが期待される。