- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

点検 非鉄景気 1―3月

銅スクラップ 伸銅向け需要停滞 雑電線輸出は不透明感
 銅スクラップは11―12月の相場急騰で市中発生が増え、原料問屋の在庫は膨らんだ。これに対し、最大の需要家である伸銅メーカーに1―3月期も長期契約購入量を増やす動きは目立って見られず、生産量の回復に比べ市中からの原料購入意欲が弱い。このため年明けしばらくは、需要不振が著しい黄銅削り粉や銅ナゲットだけでなく、1号銅線などウワ物でも需給バランスは余裕がありそうだ。
[1]