- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

点検 1―3月 伸銅品(棒・管) 伸銅品(板・条)

伸銅品(棒・管) 黄銅棒、年明けタイトも  黄銅棒の国内生産が頭打ちになってきた。54年ぶりの9000トン割れとなった8月から、9―10月は前月比1000トン以上増のペースで上向いた。しかし、11月は前月と同水準で前年同月比8%減の1万3392トン。「建材の需要期であり、相場上昇で仮需も多少あったものの物足りない数字だった」(専業問屋)。12月は駆け込みの反動もあって、買い気は冷やされているもよう。
[1]