- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

三菱マテリアル 温室効果ガス17%削減目標

 三菱マテリアルは26日、2030年度までに温室効果ガス(GHG)排出量をグループ全体で13年度比17%削減すると発表した。特にプロダクト型事業の高機能製品と加工事業は30%以上の高い目標を掲げる。削減策の一つとしてグループの事業で使う電力の20%以上を再生可能エネルギーにする計画だ。50年度までにカーボンニュートラル実現を目指す目標も設定した。気候変動に伴う事業リスクと機会についての分析も公表した。