- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

マーケットを読む 21年度上期市況見通し③ アンチモン・タングステン・モリブデン

アンチモン 1万ドルを挟み底堅い展開 日本精鉱営業部長 松田恭二氏

上半期のアンチモン地金の国際スポット価格はトン9000―1万2000ドルで推移すると予測する。直近の上昇要因であるアンチモン鉱石の需給ひっ迫やコンテナ不足は徐々に緩和され、適正価格を見極めながら下げに転じそうだ。中国地金サプライヤーが供給を制御し相場を下支えするため、急落は考えにくい。主用途の難燃助剤の引き合いは向け先である自動車や家電の需要は横ばい推移とみており、こう着ながらも底堅い相場展開となるだろう。
[1]