- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

アルミ缶スクラップ輸出 9カ月ぶり低水準

財務省がこのほど発表した5月の貿易統計によれば、アルミ缶スクラップの輸出量が前年同月比14・6%減の6882トンと、9カ月ぶりの低水準だった。ロンドン金属取引所(LME)アルミ相場の上昇一服により海外業者の買い値が下がったことや、国内の発生減による集荷競争の激化が響いたとみられる。その他アルミスクラップは2万4258トンと41・4%増えたが、3カ月ぶりに3万トンを割り込んだ。