2022年1月28日

サンクト・帯広畜産大 メタン削減へ共同研究

レアメタル・アミノ酸商社のサンクト(本社=東京都江東区、宍戸哲夫社長)と帯広畜産大学(北海道帯広市)の高橋潤一名誉教授はこのほど、牛など家畜のげっぷに含まれる温室効果ガス(GHG)のメタンガス削減で事業化に向けた共同研究を開始した。高橋名誉教授らの研究でL―システインというアミノ酸を添加した飼料が牛の胃内でメタンガスの発生を抑制することを確認。L―システインを飼料添加物として登録する実証費用を調達するために、GHG排出量の削減に関心を持つ企業などとの異業種連携も検討する。

おすすめ記事(一部広告含む)