- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

大同特殊鋼、ダイカスト金型用溶接補修材を開発

大同特殊鋼はダイカスト金型専用の溶接補修材「DHW」を開発、同社の連結子会社である大同DMソリューションが、今月から販売を開始することになった。

DHWはダイカスト金型の損傷部の補修や形状修正に使用可能で、従来の溶接補修材に比べ補修部の金型寿命を約5倍に延長できる溶接材。これにより金型の補修コスト削減、補修期間の延長による生産性向上に貢献する。なおDHWは12年10月に改正された特定化学物質障害予防規則等に対応した、コバルトを含まない溶接材。