- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

高炉、薄板輸出 苦戦続く

 高炉メーカーの薄板輸出は苦戦が続いている。一部ミルでは韓国リロール向けホットコイルが1月、2月と実質的に2カ月連続でスキップしているほか、電機向けも引き合いが少なく、「例年に比べ3分の1以下にとどまっている」との声もある。

 中国市況が鉄鋼メーカーの値上げを背景に緩やかながら上向いてきたことは好材料だが、世界的な景気悪化から各製造業で在庫調整を進める動きが続いており、しばらくは苦しい環境が予想される。