- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

NSSC、Ni系冷薄受注スキップ

 新日鉄住金ステンレス(NSSC)は13日、国内店売り向けニッケル系冷延薄板の1月契約について、原則受注をスキップすると発表した。受注スキップは6カ月連続。

 参考価格としてニッケル系冷薄は前月比据え置く。また厚中板も据え置き、クロム系冷薄は4000円引き下げる。ニッケル系は原料ニッケルの価格が11―12月平均でポンド5・18ドルを下回ったため、規定に基づきアロイリンク方式は適用しない。クロム系はアロイリンク方式により値下げする。冷薄のカットエッジコイル価格はニッケル系(板厚2ミリ以下)が35万円、2ミリ超が36万円、クロム系が30万4000円となる。