- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

住金・横河ブリッジ、橋梁で共同事業会社

 住友金属工業と横河ブリッジホールディングス(YBHD)は29日、橋梁事業を共同事業化すると発表した。3月末に最終契約書を締結する。

 住友金属は橋梁事業を吸収分割により、7月1日付で100%子会社の住金橋梁センター(茨城県神栖市)に継承し、住金橋梁センターは「(株)住金ブリッジ」に商号変更。10月1日に、住金ブリッジの60%の株式をYBHDに譲渡して共同事業会社とする。共同事業会社の商号は今後検討する。両社は共同事業化により、事業の競争力を強化する。