- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

住金・鹿島、第2資源循環炉が稼働 ダスト処理能力倍増

 鹿島選鉱と住友金属工業は5日、鹿島製鉄所内に約60億円を投じて建設した2基目のダスト再資源化用ロータリーキルン(No.2RC資源循環炉)の営業運転を開始したと発表した。これによりダスト処理能力を年間20万トンから40万トンに倍増。所内発生ダストと社外の電気炉ダストなどの再資源化事業を拡大する。