- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

東西最高値2万5700円 鉄スクラップ関西輸出価格

 大阪金属リサイクル工業協同組合(理事長=宮崎法峰・ミヤザキ・メタルサービス社長)は6日に鉄スクラップ共同輸出入札を実施し、トン当たり2万5700円(H2グレード・FAS)で成約した。

 関東鉄源協同組合、関西鉄源連合会など東西の共同輸出入札を通じて今年最高値。先月3日に関鉄連が行った共同輸出入札の成約価格を2790円、同10日の関東テンダーを1887円上回った。落札商社はJFE商事で、成約数量は5000トン。船積み期間は7月13日―8月7日の間で予定している。