- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

東京地区の一般形鋼、ジリ安基調続く

 一般形鋼は等辺山形鋼が6×50で置き場トン7万―7万3000円、溝形鋼は7万5000―7万8000円で弱含み。東京製鉄の値下げを受けて、荷動きが落ち込んだ。山形鋼で7万円を割り込む取引もあり、流通間の価格競争により下値に移行している。先行きの需要動向も不透明で、ジリ安基調はしばらく続きそうだ。