- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

東鉄製鉄、全種3000-5000円上げ

 東京製鉄は22日、3月契約分の鋼材店売り(一般流通)価格を全品種トン当たり3000―5000円引き上げると発表した。全面値上げは2カ月連続。

 国内需要は景気後退の影響を受けて減少しているが、「新年度以降のコスト上昇に対処するため、全品種値上げした」(大堀直人常務)。ホットコイルなど薄板類のほか、異形棒鋼、線材を5000円上げ。その他、H形鋼、厚板は3000値上げした。