- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

東京地区の一般形鋼、弱含み横ばい

 一般形鋼は等辺山形鋼が6×50で置き場トン8万2000―8万3000円、溝形鋼は8万4000―8万6000円で弱含み横ばい。引き合いが落ち込んでおり、流通が価格面で妥協するケースが出ているようだ。メーカー値上げ後の製品が在庫に入庫しており、販売先の指し値も厳しくなっているが、流通は現状価格の維持に注力している。