- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

大阪地区の中板、安値寄りで推移

 中板は荷動きが不振で、東京製鉄の6月販売価格引き下げもあり、扱い筋は弱気の販売となっている。市況はトン6万7000―6万8000円(3・2ミリ厚の4×8サイズ)どころで弱基調。