- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

普通鋼11月受注 2カ月連続減544万トン

 日本鉄鋼連盟が16日発表した用途別受注統計によると、11月の普通鋼鋼材受注は前年同月比8・3%減の544万1000トンとなり、2カ月連続で減少した。内需は2・1%減の363万4000トンで4カ月ぶりの減少。自動車・産機の回復が続く中、電機・船舶用がそれぞれ15%程度落ち込んだのが響いた。輸出はアジア市況低迷にタイ洪水影響が続き、18・7%減の180万7000トンと200万トンを大きく割り込んだまま。