- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

大阪地区の異形棒、安値解消 横ばい

 異形棒鋼は5万7000円(トン当たり、ベースサイズ、直送)どころで、横ばいとなっている。 ゼネコンは徹底して小口当用買いの対応をとっており、引き合い低調に推移している。春先以降の物件計画はあるとの声が多いが「見積もり依頼は確かに多い。しかし、見積もり倒れに終わることも多い。新年度も需要動向に大きな変化は期待できないだろう」(流通筋)といった声が聞かれる。