- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

東京地区のナマシ鉄線、需給緩み弱含み

 ナマシ鉄線は弱含みの横ばい。市中価格は、4ミリがトン当たり14万5000円中心となっている。秋需に入り、建築・土木工事の増加による需要増が期待される一方、足元でも弱含み商状に変化はない。扱い筋の多くは、需給ギャップを解消するほどの需要は望みにくいとの観測。「荷動きの回復が市況の好転につながるには、まだまだ時間が掛かる」(問屋筋)との見方が大勢を占める。引き続き輸入材の影響も大きい。