- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

東京地区の普通鉄線、製販の売り腰堅持

 普通鉄線は強含みの展開となっている。市中価格は4ミリの規格線がトン当たり13万7000円、一般用線が12万9000円中心。線材加工メーカーは年度末に向け出荷価格の引き上げに注力して、足元では流通でも2000―3000円の値上げが浸透しつつある。一方、低調な実需を反映して、今後の値上げには時間を要するとの慎重な見方が大勢となっている。