- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

経産省14年度概算要求、鉄鋼課関連 継続2案件 前年比7割増

経済産業省が30日発表した14年度予算概算要求で、鉄鋼課関連は継続案件2件で合わせて前年比7割増える。環境調和型製鉄プロセス技術開発は倍増の55億円、非鉄金属課などと共同の革新的新構造材料等技術開発に5割増の60億9000万円を求める。製鉄プロセスではCOURSE50の試験高炉建設に入り、13年度から新たに始めた革新的構造材開発は、強度と加工性を併せ持つ材料開発が本格化する。