- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

14年の炉別・鋼種別粗鋼 特殊鋼電炉が13%増

2014年の炉別・鋼種別の粗鋼生産量は、電炉・特殊鋼が前年比13・5%増の799万トンと大きく伸びたが、転炉・普通鋼は0・8%減の6771万トン、同・特殊鋼が1%減の1728万トン、電炉・普通鋼も1%減の1769万トンとほぼ横ばいにとどまった。

日本鉄鋼連盟まとめによると、14年の粗鋼生産量は前年横ばいの1億1067万トンとなり、2年連続で1億1000万トン台をキープした。

高炉メーカーによる転炉鋼が0・8%減の8499万トン、普通鋼・特殊鋼電炉メーカーによる電炉鋼は3・1%増の2568万トンだった。