- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

鉄スクラップ、2週連続で下落局面 関西地区 内外とも需要停滞

 関西地区の鉄スクラップ市況が2週連続で下落局面を迎えている。先週3日に引き続き、7日から東京製鉄が鉄スクラップ購入価格を引き下げたことなどもあり、大阪・姫路電炉各社が同日から再び購入価格の引き下げに踏み切った。国内、海外とも鉄スクラップ需要が停滞している中、「先安観が払しょくされないため、市中に鉄スクラップが滞留せず、メーカー出荷が進んでいることが需給バランスの悪化に拍車をかけている」(流通筋)との見方もある。