- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

大阪製鉄、一般形据置き

 大阪製鉄は23日、6月契約分の一般形鋼(等辺山形鋼・不等辺山形鋼・溝形鋼)価格を前月比で据え置くと発表した。同社では5月契約でトン7000円の値上げを実施。製品需要は大きく盛り上がっていないものの、メーカー値上げが浸透しつつあり、同社では販価を据え置き、調整局面入りとなった鉄スクラップ市況動向などを見極めながら「製品市況の改善を促していく」としている。