- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

普線製品市況、年明け上昇の可能性

 国内の普通線材製品市況は年明け以降、上昇基調に転じる可能性が出てきた。鉄鋼原料価格の高騰により高炉・電炉メーカーが線材値上げを実施したことを受け、鉄線などの普通線材製品を製造する伸線メーカーはコストアップ分を製品価格に転嫁する意向を固めている。値上げ方針についてはすでに複数社がアナウンスを行っており、具体的に1月下旬からの製品値上げを予定しているメーカーもある。