- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

資源エネ庁石炭課17年度予算案 次世代火力発電技術開発に115億円

 資源エネルギー庁資源・燃料部石炭課は2017年度予算案で主力の次世代火力発電の技術開発に115億円(前年は120億円)を確保する。2021年度までの6年間で石炭ガス化燃料電池複合発電(IGFC)、高効率ガスタービン、IGFCなどに使う燃料電池など新たな技術を確立し、石炭火力の発電効率を大幅に改善する。