- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

共英製鋼、5カ月連続で異形棒値上げ

 異形棒鋼最大手の共英製鋼は23日、4月販売分の異形棒鋼価格を全事業所(枚方・名古屋・山口)でトン当たり3000円引き上げると発表した。販価引き上げは5カ月連続。主原料となる鉄スクラップ価格が2年半ぶりの高値水準で推移する中、同社では「これまでのメーカー値上げ分の市場での浸透が不十分な状況で、メーカーが再生産可能な価格水準に至っていない」ことなどから再値上げを決めた。