- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

神戸製鋼、経常・最終黒字に浮上 鉄鋼、建機の黒字化寄与 2年ぶり復配

神戸製鋼所が27日発表した2018年3月期連結業績は、経常損益が前期の191億円の赤字から711億円の黒字に浮上した。鉄鋼、建設機械の黒字化が寄与し、純損益も230億円の赤字から631億円の黒字に転換。経常損益は2年ぶり、最終損益は3年ぶりの黒字。未定としていた期末配当を一株30円(前年同期0円)とし、2年ぶりに復配する。19年3月期は経常利益350億円、純利益450億円となる見通し。