- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

関西異形棒鋼市況、年内7万円台乗せへ

 関西地区の異形棒鋼市況は年内までに、7万円(トン当たり、ベースサイズ、メーカー直送)の大台乗せとなる可能性が強まっている。供給は各メーカーの事情もあって、ベースサイズを中心にタイト化しているうえ、メーカー・流通の運送状況も厳しくなっている。さらに、共英製鋼が11月販売で全事業所の実行価格を2000円引き上げるなど強気の姿勢をとっており、流通も安値販売を回避し唱えを上げてきていることによるもの。