- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

清水鋼鉄、異形棒の鋼種エキストラ改定 5月契約分から

清水鋼鉄は5日、2019年5月1日契約分から異形棒鋼の鋼種エキストラを改定すると発表した。合金鉄価格の高騰などが主因で、すでに窓口商社にはアナウンスを実施している。改定は08年以来11年ぶり。

対象は異形棒鋼のSD345と同390で、それぞれ現行比トン1000円引き上げる。改定後のエキストラ価格は、SD295A比で同345がトン3000円、同390が6000円となる。