- 鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」 - https://www.japanmetal.com -

大阪製鉄、4契一般形据置き

 大阪製鉄は22日、4月契約分の一般形鋼販売価格(等辺山形鋼・不等辺山形鋼・溝形鋼)を前月比で据え置くと発表した。販価据え置きは6カ月連続。主原料となる鉄スクラップ価格の上昇に加えて、新年度から電極や輸送費などがさらに値上がりするなどのコスト高が続く一方で、資材不足に伴って店売り市場に影響の大きい中小建築案件の工期が遅れており、「販価改善は急務ながら、市場環境や今後の需要動向を見極めたい」(同社)として販価を据え置いた。